Astrology

占星術とのかかわりについて、そう言えば、書いていませんでした。

初めは、1999年の月食の晩に鏡リュウジさんにお目にかかったことでした。

「月の星座は何? 」と言われて夢中になり、自分も編集者として忙しい時期。

その頃はまだ日本で学べるところがなかったので、本で勉強を始めました。

鏡さんとはその後、親しくおつきあいしているわけではないですが、

不思議なきっかけをくださった方です。

 

当時、鏡さんがユング心理学の研究家だったので、

ユング研究家の河合隼雄さん、秋山さと子さん、

またやはりユングにもお詳しい岡本翔子さんなど、

初めは、イギリスのユング系の心理学本、占星術の書籍から入りました。

トランスパーソナル心理学などもだいぶ読みました。

 

そうこうするうち、ユングのセミナーで知り合った方に、

アメリカ西海岸の大学でユングと心理学を研究している方をご紹介いただき、

その方の勉強会へも、帰国された折には顔を出していました。

アストロマップや惑星「逆行」、外惑星の概念など、

そのときはチンプンカンプンでも、

とてもおもしろく、星の世界にのめりこんでいきました。

 

Sayaのイラストを描いてくれたテキスタイルデザイナーさんが

当時、「メンズノンノ」などのモデルたちを集めて、表参道で星を教えていて、

なぜかそこでアシスタントをしたりとか、東京ものんびりと楽しい時期でした。

 

また、日本では松村 潔先生、マドモアゼル愛先生などの書籍も、

ほとんど読ませていただきました。

勝手にお名前を出すのも恐縮なのですが、

取材ではアメリカ在住の真弓香先生、マドモアゼル愛先生、松村 潔先生、岡本翔子先生、

水晶玉子先生やルネ・ヴァンダール・ワタナベ先生などにもお世話になっています。

 

占星術はもちろん、手相や動物占い、

風水などなど、雑誌のページもたくさん作りました。

ジョナサン・ケイナーの初期の翻訳本や

松村先生のダイアリーを作ったこともありますし、

コンランショップの風水のインテリアページを作るとか、昔はそういうのも楽しかった。

 

そして、10年くらい、さまざまな方法での学びを続け、

仕事としても、インプット、アウトプットをくりかえすうちに、

周囲のエディターさんから声がかかることが多くなり、

自分の言葉も生まれて、「エル・オンライン」でのデビューになりました。

まだまだ自信もなかったのですが、

幸い、多くのみなさんに読んでもらうことができて、もう11年です。

 

その間も、NYのウィリアム・ステックエバース先生のセミナーに行ったり、

アメリカ系のウルアンナ鳳宮先生の単発のクラスでのテクニックを学んだり。

また、キャロライン・メイスさんのチャクラについての書籍、

心理学やスピリチュアルな書籍もたくさん読んで、

星と心について学んできたつもりです。

そうしたことは、以前は、「エル・オンライン」のブログに書いていたのですが、

そう言えば、最近は、読めるところがありませんでしたね。

 

最近も、勉強はいろいろ続けていますし、

日本で出た占星術関連の本もほとんど読んでいます。

神保町にある占いの本屋さんとか、行ったりしますよ。

動画でのレクチャーも増えてきて、みなさん、おもしろいことをしていらっしゃるので、

自分の刺激のために学んだりします。

仕事にしている以上、情報は収集しないとね。

とは言え、占星術師の資格については、国家資格などではないことから、

特にとる必要を感じないので、とってはいません

(必要を感じたら、とるかもしれません)。

 

ただ、自分の仕事である星のライティングとこうした勉強は別のもの。

星のライティングでは天文暦やホロスコープから着想し、

自分の言葉で書くことを楽しんでいます。

 

また、セッションでも、学んだテクニックを使うことは、実は、あまりありません。

セッションでは、その方の心に寄り添い、物語を紡ぐことのほうが大事だからです。

 

そして、私のクラスでも、ほかの先生から学んだテクニックを教えることは、

もちろんありません。

星を読む感覚をつかんでもらうワークショップ形式にしています。

ほかの人たちの例から学ぶことが多いので、それが合うかどうかです。

 

でも、何より学びになったのは時間の経過です。

星が大好きになって、もう20年。

トランジットの星も、プログレスの星も、経験しなければ、中途半端なものになります。

たくさんの星まわりを経験したことが、私の生きた言葉になっています。

そして、読者の方との語らいも。

みなさんの悩みを聞き、癒すことをくり返すうちに見えてきたもの。

そうした時間の積み重ねから学んだことがたくさんありますね。

「オンラインクラス」や「星のおはなし会」では、そうした言葉、自分の物語、

星まわりで起こった実際の出来ごとをたくさん伝えているので、

著作権は私にあるとお伝えしている次第です。 

 

私は、もともと雑誌の世界の人間です。

プロの鑑定家を育てるよりは、一般の方と星を楽しむほうが向いていますし、

最近は、オーキッドエッセンスに夢中です。

みなさんも、自分のやりたいことに合わせて、

自分の心を幸せにしてくれるような「星占い」や「占星術家」を選んでくださいね。